島田浅野(読み)しまだ あさの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島田浅野 しまだ-あさの

1817-1861 江戸時代後期の女性。
文化14年生まれ。美作(みまさか)(岡山県)勝山藩士の娘。おさなくして孤児となり,のち島田馬之丞と結婚。が病弱のため娘とともに農業にはげむが,妻子の苦労をみかねて夫が罪をおかす。夫にかわって入獄することを郡役人にねがうがゆるされず,文久元年娘とともに自刃(じじん)。45歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android