コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

峻諦 しゅんたい

1件 の用語解説(峻諦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

峻諦 しゅんたい

1664-1721 江戸時代前期-中期の僧。
寛文4年生まれ。浄土真宗。越前(えちぜん)(福井県)三国の本願寺派勝授寺の住職。知空にまなび,西本願寺14世の寂如(じゃくにょ)の命により「紫柏語録」に訓点をほどこす。学業にすぐれ,子弟の教育にあたった。享保(きょうほう)6年1月5日死去。58歳。法名は別に寂清。著作に「無量寿経会疏」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

峻諦の関連キーワード常行植村信安浦田蘆本大熊宇太右衛門斎藤雇繒鈴木正真高丘季起滝井山三郎太兵衛堀直佑