コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崇芝性岱 すうし しょうたい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

崇芝性岱 すうし-しょうたい

1414-1496 室町時代の僧。
応永21年生まれ。曹洞(そうとう)宗。遠江(とおとうみ)(静岡県)大洞院喜山性讃(しょうさん),如仲天誾(じょちゅう-てんぎん)に師事。のち備中(びっちゅう)(岡山県)洞松寺の茂林芝繁(もりん-しはん)の法をつぎ,住持となる。康正(こうしょう)元年遠江に石雲院をひらく。明応5年10月27日死去。83歳。三河(愛知県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

崇芝性岱の関連キーワード太安養康賢仲繁哲界巌繁越大空玄虎室町時代季雲永岳修禅寺性岱

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android