コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崎山次郎右衛門 さきやま じろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

崎山次郎右衛門 さきやま-じろうえもん

1611-1688 江戸時代前期の漁民。
慶長16年生まれ。紀伊(きい)有田郡(和歌山県)で漁業をいとなむ。房総のイワシ漁で利益をあげ,明暦2年下総(しもうさ)海上郡(千葉県)にうつる。万治(まんじ)元年と寛文元年の2期にわたって高神(たかがみ)村外川浦(銚子市)に港をつくった。延宝3年郷里にかえり,貞享(じょうきょう)5年8月4日死去。78歳。名は安久。屋号は大納屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

崎山次郎右衛門

没年:元禄1.8.4(1688.8.29)
生年:慶長16(1611)
江戸前期,下総銚子漁業・高神村字外川湊築港の開発漁師。名は安久,幼名は助五郎,屋号は大納屋。紀州(和歌山)藩の地士頼安の子として有田郡広に生まれる。農漁業に従事していたが,木綿・藍・柑橘・砂糖作の適効肥料として重要視される房総の鰯に目をつけた上方・紀州海民の積極的な関東旅漁に呼応して明暦2(1656)年以後は下総飯沼村,今宮村,外川浦(いずれも千葉県)へと転住。延宝5(1677)年広に帰国するまでのこの間,任せ網・八手網の導入,干鰯場の開設,西方寺(のちの宝満寺)の建立に尽力した。特筆すべきは万治1(1658)年,寛文1(1661)年の2期にわたった外川湊築港と市街地の建設で,湊の築立技術の優秀さは大正11(1922)年の全面改築まで活用されたことでも知れる。4代目次郎右衛門が安永3(1774)年に紀州へ引き揚げ,この外川での漁業は終焉した。<参考文献>『銚子木国会史』,『広川町史』上下

(田島佳也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

崎山次郎右衛門の関連キーワード漁民

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android