崑崙草(読み)コンロンソウ

精選版 日本国語大辞典の解説

こんろん‐そう ‥サウ【崑崙草】

〘名〙
① アブラナ科の多年草。各地の山間の湿地に生える。茎は高さ三〇~六〇センチメートルになり上部で分枝する。葉は長柄のある羽状複葉で、五~七個の小葉からなる。小葉は長さ一〇~一五センチメートルの長楕円形で先はとがり縁に不規則な鋸歯(きょし)がある。春から夏にかけ、枝先に小さな白い四弁花を総状に多数つける。果実は長角果で長さ二センチメートルぐらいになる。〔日本植物名彙(1884)〕
② 植物「のげいとう(野鶏頭)」の異名。〔薬品手引草(1778)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる