コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵌頓痔核(急性血栓性内痔核脱出) かんとんじかくきゅうせいけっせんせいないじかくだっしゅつIncarcerated Hemorrhoid

家庭医学館の解説

かんとんじかくきゅうせいけっせんせいないじかくだっしゅつ【嵌頓痔核(急性血栓性内痔核脱出) Incarcerated Hemorrhoid】

 内痔核があるときに、強くいきむなどの過度の力が加わると、内痔核が肛門(こうもん)から脱出し、そのなかの静脈に血液のかたまり(血栓(けっせん))ができ、痔核が肛門内にもどらなくなります。
 これを嵌頓痔核または急性血栓性内痔核脱出といいますが、内痔核をもった女性が出産するときにおこることが多いようです。
 血栓性外痔核をともなうことが多いので、痛みが強く、むくみやただれもひどくなり、苦痛も大きくなります。
 安静、温罨法(おんあんぽう)(温める)、坐薬(ざやく)の使用などで1~2週間で治ります。
 しかし、血栓性外痔核を合併している場合は、肛門の入り口の変形がひどくなり、肛門の出口の伸展が悪くなって裂肛(れっこう)(「裂肛(切れ痔/裂け痔)」)の原因にもなるので、早期に手術を受けるほうがよいでしょう。

出典 小学館家庭医学館について 情報

嵌頓痔核(急性血栓性内痔核脱出)の関連キーワード裂け痔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android