コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切れ痔/裂れ痔 キレジ

2件 の用語解説(切れ痔/裂れ痔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きれ‐じ〔‐ヂ〕【切れ×痔/裂れ×痔】

肛門(こうもん)の粘膜が、硬い便の排出時などに切れる病気。排便時に激痛があり、ただれ・出血などもみられる。肛門裂創。裂肛。裂け痔

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

切れ痔
きれじ

肛門裂創(こうもんれっそう)または裂肛ともいう。硬い糞便(ふんべん)の排出などで肛門の後壁にできることが多いが、感染症で側壁にできることもある。症状は、急性期には肛門管上皮の単なる亀裂(きれつ)で軽い排便痛と新鮮微出血程度であるが、裂肛を繰り返して慢性化すれば、創(きず)は深さを増し、創縁が肥厚して肛門潰瘍(かいよう)とよばれる状態になる。同時に皮膚側には見張りいぼとよばれる皮垂(皮膚突起)を生じ、肛門側では肛門乳頭が肥厚して肛門ポリープとよばれる状態になる。肛門乳頭とは、直腸粘膜下端部と肛門皮膚の接合部(歯状線)に一致して肛門柱の下端部が突起として認められるものをいう。これら肛門潰瘍、見張りいぼ、肥厚乳頭の三者をあわせて裂肛三徴という。この状態になると、排便時の出血、疼痛(とうつう)だけにとどまらず、排便後も引き続く強い肛門痛が数時間に及ぶこともある。強い痛みは肛門内括約筋のれん縮によるといわれ、鎮痛剤や便通調整剤、局所麻酔剤注射などで治らなければ、手術が必要となる。かつては肛門用手拡張術や潰瘍部分の切除がおもに行われたが、近年、凍結療法や肛門内括約筋側方切断術が普及しつつある。[竹馬 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

切れ痔/裂れ痔の関連キーワード肛門肛門癌肛門期肛門括約筋肛門裂創肛門周囲炎肛門性格胃内滞留時間肛門周囲膿瘍痔裂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone