温罨法(読み)オンアンポウ

デジタル大辞泉の解説

おん‐あんぽう〔ヲンアンパフ〕【温×罨法】

蒸しタオルなどで患部を温める治療法。痛みや咳(せき)を軽くしたり、痰(たん)の排出を促したりする効果がある。⇔冷罨法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんあんぽう【温罨法】

患部を温める治療法。温湿布などの湿性温罨法と湯たんぽ・光線照射などの乾性温罨法がある。 ⇔ 冷罨法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おん‐あんぽう ヲンアンパフ【温罨法】

〘名〙 温湯または硼酸水などの温湯に浸した布片で、局所をおおう方法。熱刺激をあたえ循環系や神経系の病気の好転や自覚症状の軽減をはかる。頸部、胸部の疾患や炎症を伴わない腹痛などに有効。温湿布。⇔冷罨法。〔現代術語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の温罨法の言及

【湿布】より

…治療時間は20~30分間である。ホットパックを温罨法として温湿布と区別することもある。鎮痛,鎮静作用,血行改善,老廃物除去,代謝促進,組織軟化などの作用があり,対象となる疾患はリウマチ,関節炎,関節症外傷による腫張,その他の疼痛性疾患である。…

※「温罨法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android