コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐勘四郎(初代) あらし かんしろう

1件 の用語解説(嵐勘四郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐勘四郎(初代) あらし-かんしろう

?-1739 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
嵐勘右衛門の子。京都,大坂で活躍。武道事・荒事(あらごと)にすぐれ,立役(たちやく)と実悪をかね,とくに実悪の名人とされた。勘四郎の名は実子嵐国石の2代でとだえた。元文4年8月22日死去。俳名は指蘭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嵐勘四郎(初代)の関連キーワード霊空地方財政計画景清北尾重政国見岳建部賢弘都鄙問答ひらかな盛衰記明史霊空

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone