コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐山光三郎 あらしやま こうざぶろう

1件 の用語解説(嵐山光三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐山光三郎 あらしやま-こうざぶろう

1942- 昭和後期-平成時代の作家。
昭和17年1月10日生まれ。平凡社で「太陽」編集長をつとめ,昭和56年退社。独特の文体による軽妙な風俗評論やエッセイで知られ,「口笛の歌が聴こえる」発表以降は小説にも力をそそぐ。63年「素人庖丁記」で講談社エッセイ賞。「悪党芭蕉」で平成18年泉鏡花文学賞,19年読売文学賞。ほかに「「不良中年」は楽しい」「追悼の達人」など。静岡県出身。国学院大卒。本名は祐乗坊英昭(ゆうじょうぼう-ひであき)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

嵐山光三郎の関連キーワード小松左京飯高茂井上達夫香川登枝緒小中陽太郎佐藤勝志村正雄謝名元慶福中川清司松山巌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嵐山光三郎の関連情報