コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵐山光三郎 あらしやま こうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐山光三郎 あらしやま-こうざぶろう

1942- 昭和後期-平成時代の作家。
昭和17年1月10日生まれ。平凡社で「太陽」編集長をつとめ,昭和56年退社。独特の文体による軽妙な風俗評論やエッセイで知られ,「口笛の歌が聴こえる」発表以降は小説にも力をそそぐ。63年「素人庖丁記」で講談社エッセイ賞。「悪党芭蕉」で平成18年泉鏡花文学賞,19年読売文学賞。ほかに「「不良中年」は楽しい」「追悼の達人」など。静岡県出身。国学院大卒。本名は祐乗坊英昭(ゆうじょうぼう-ひであき)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嵐山光三郎の関連キーワードスクラップストーリー ある愛の物語庭瀬 康二昭和軽薄体安西水丸宝島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嵐山光三郎の関連情報