嵯峨 保二(読み)サガ ヤスジ

20世紀日本人名事典の解説

嵯峨 保二
サガ ヤスジ

大正・昭和期の新聞・放送経営者



生年
明治31(1898)年10月18日

没年
昭和34(1959)年11月18日

出生地
石川県

学歴〔年〕
慶応義塾大学〔大正9年〕中退

経歴
大本に入信して大学を中退。大正10年北国新聞社に入社、東京支社に勤めたが、養父遺志で金沢に戻った。昭和12年常務、18年社長に就任。戦時新聞統合を自ら実現。21年富山新聞を発行、26年北陸放送を創設した。大本信仰の感化で宗教、教育面に活躍、また美術工芸の振興、原水禁世界連邦などの平和運動に貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android