コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嵯峨実愛 さが さねなる

美術人名辞典の解説

嵯峨実愛

公卿。正親町三条実義の子。参議・権中納言を経て議奏となり朝議に参加。維新後は内国事務総督・刑部卿となる。日記『嵯峨実愛日記』は維新史の重要な文献とされている。明治42年(1909)歿、90才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

嵯峨実愛の関連キーワード正親町三条実愛教部省

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android