コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嶂山融硅(読み)しょうざん ゆうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嶂山融硅 しょうざん-ゆうけい

?-1416 南北朝-室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。信濃(しなの)(長野県)慈雲寺で出家。はじめ大和(奈良県)補巌寺の了堂真覚(りょうどう-しんかく)に,ついで豊後(ぶんご)(大分県)泉福寺無著妙融(むじゃく-みょうゆう)に師事し,その法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にのぼり,のち豊前(ぶぜん)護聖寺(福岡県)の開山(かいさん)となった。応永23年10月13日死去。信濃出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android