川住行教(読み)かわすみ ゆきたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川住行教 かわすみ-ゆきたか

1825-1884 幕末-明治時代の武士,殖産家。
文政8年9月13日生まれ。三河(愛知県)西尾藩士。安政3年(1856)典学館総裁に就任,のち執政にすすむ。明治にはいり,権(ごんの)大参事となり,三河地方の10県の合併による額田(ぬかた)県の新設に尽力。また西尾生産取扱所を創設し,新田開発などに力をそそいだ。明治17年2月4日死去。60歳。字(あざな)は士習。通称は増三郎,市右衛門。号は白鴎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android