川南(町)(読み)かわみなみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川南(町)
かわみなみ

宮崎県中部臨海部、児湯郡(こゆぐん)にある。1953年(昭和28)町制施行。西部の尾鈴山麓(おすずさんろく)より洪積台地(唐瀬原(からせばる))が広がり、日向灘(ひゅうがなだ)に面する。海岸線は単調である。JR日豊(にっぽう)本線、東九州自動車道、国道10号が通じる。町内各地に「別府(びゅう)」地名が分布し、荘園(しょうえん)時代の開発を示す。江戸時代は高鍋藩(たかなべはん)領。主要な産業は台地の畑作、畜産で多くが第二次世界大戦後の軍用地開放に伴う開拓入植による。灌漑(かんがい)網も整備され、水田も多くみられる。国指定史跡に川南古墳群、宗麟原供養塔(そうりんばるくようとう)、国指定天然記念物に川南湿原植物群落がある。面積90.12平方キロメートル、人口1万6109(2015)。[横山淳一]
『『川南町史』(1983・川南町) ▽『川南町開拓史』(2001・川南町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android