コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高鍋藩 たかなべはん

3件 の用語解説(高鍋藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高鍋藩
たかなべはん

秋月藩ともいう。江戸時代日向国 (宮崎県) 児湯 (こゆ) 郡高鍋地方を領有した藩。筑前秋月から移った秋月種長に始り,当初3万石,のち2万 7000石となり廃藩置県にいたった。外様,江戸城柳間詰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

たかなべはん【高鍋藩】

江戸時代日向(ひゅうが)国児湯(こゆ)郡高鍋(現、宮崎県 高鍋町)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。高鍋という地名は、立藩当初、財部(たからべ)と称されていた。藩校は明倫堂(めいりんどう)。豊臣秀吉(とよとみひでよし)により筑前(ちくぜん)国から移封(いほう)された秋月(あきづき)氏が、1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いで東軍に寝返って本領を安堵(あんど)された。初代藩主は秋月種長(たねなが)で、石高は3万石。04年に櫛間(くしま)から財部に本拠を移し、以後明治維新まで秋月氏が10代続いた。4代種政(たねまさ)のとき、89年(元禄2)に弟に3000石を分与、石高は2万7000石となった。7代種茂(たねしげ)は、弟の上杉鷹山(うえすぎようざん)と同様に、名君として藩政改革を進めて財政再建に尽力したほか、1778年(安永7)に藩校の明倫堂を創設した。山林・塩田・牧畜事業による材木、炭、塩、シイタケ、蝋(ろう)などの生産が藩財政を支えた。幕末には倒幕の意志を固め、東北地方へも出兵。1871年(明治4)の廃藩置県で高鍋県となり、その後、美々津(みみつ)県、宮崎県、鹿児島県を経て、83年に再置の宮崎県に編入された。◇財部藩ともいう。

出典|講談社
藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高鍋藩
たかなべはん

日向(ひゅうが)国児湯(こゆ)郡高鍋(宮崎県高鍋町)に藩庁を置いた外様(とざま)藩。秋月(あきづき)藩ともいう。秋月種長(たねなが)(在位1587~1614)が関ヶ原の戦い後、本領財部(たからべ)以下3万石を徳川家康より安堵(あんど)され、1604年(慶長9)本拠を那珂(なか)郡櫛間(くしま)より財部(のち高鍋と改称)に移したのが、実質的な藩の始まりである。2代種春(在位1614~59)の代までは門閥譜代(もんばつふだい)層の抗争がやまず、藩政は動揺を極めたが、3代種信(在位1659~89)は民衆支配と家臣団統制に一定の実をあげ、藩政を固めた。4代種政(在位1689~1710)も民政に力を入れる一方で、殖産奨励による財政安定化を図った。しかし18世紀に入ると、藩財政は悪化の一途をたどったため、7代種茂(在位1760~88)は流通統制の強化、藩校明倫(めいりん)堂の創設による士風の作興など、藩政改革に着手、以後その推進が歴代藩主の大きな課題となった。戊辰(ぼしん)戦争に際しては、10代種殷(たねとみ)(在位1843~71)が討幕の意志を明らかにし、藩兵は東北地方にも転戦。1871年(明治4)の廃藩置県でいったん美々津(みみつ)県管に入ったのち、73年に宮崎県となる。[上原兼善]
『喜田貞吉・日高重孝著『日向国史 下巻』(1930・史誌出版社) ▽日高次吉著『宮崎県の歴史』(1970・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の高鍋藩の言及

【日向国】より

…盆地の都城領では近世の半ば過ぎ山城宇治から製茶法が導入され,やがて都城茶の名をあげるまでにいたり,後期になって,肥後から導入された製糸業とともに重要な領主的財源となった。高鍋藩では他藩と異なってとくに牧畜に力がいれられた。このほか海岸線をかかえた諸藩では水産業もさかんで,延岡藩の赤水や土々呂(ととろ),高鍋藩の櫛間,飫肥藩の油津などでは塩,鰹節などの製造が行われていた。…

※「高鍋藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高鍋藩の関連情報