コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐瀬原 からせばる

2件 の用語解説(唐瀬原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐瀬原
からせばる

宮崎県中部,宮崎平野の一部で北部海岸地域にある洪積台地。大部分が川南町に属する。新第三紀層の砂岩,泥岩の上に第四紀更新世洪積世)の礫層が載り,その上を下部火山灰層(黒にが,赤にが),上部火山灰層(黒ほや,赤ほや)が覆う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐瀬原
からせばる

宮崎県中部臨海の川南(かわみなみ)町にあり、尾鈴山麓(おすずさんろく)に広がる洪積台地の一つ。地形的には隆起開析(かいせき)扇状地で、かつてこれを堆積(たいせき)した名貫(なぬき)川は台地に深い谷を形成している。台地面は畑作、畜産が盛んで、多くの農家は第二次世界大戦後に開拓入植した。戦前は軍の軍馬補充部用地であった。一般に農家の経営規模は大きく、散村形式の村落である。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の唐瀬原の言及

【川南[町]】より

…近世を通じて高鍋藩秋月氏の支配下にあった。中央部を平田川が東流し,北に唐瀬原,南に国光原の台地が広がる。第2次世界大戦中までは落下傘部隊降下練習場,飛行場など軍用地が多くを占め,戦後に大規模な入植開拓が行われた。…

※「唐瀬原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唐瀬原の関連キーワード宮崎平野宮崎[市]宮崎県東諸県郡綾町清武〈町〉宮崎県東諸県郡国富町宮崎県宮崎市熊野宮崎県宮崎市塩路宮崎県日南市平野宮崎県宮崎市船塚宮崎県宮崎市芳士

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唐瀬原の関連情報