コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐瀬原 からせばる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐瀬原
からせばる

宮崎県中部,宮崎平野の一部で北部海岸地域にある洪積台地。大部分が川南町に属する。新第三紀層の砂岩泥岩の上に第四紀更新世洪積世)の礫層が載り,その上を下部火山灰層(黒にが,赤にが),上部火山灰層(黒ほや,赤ほや)が覆う。かつては軍用地として落下傘部隊訓練地に利用。第2次世界大戦後は開拓が進み畑作地となる。灌漑による水田耕作のほか,近年は畜産が発達。台地南部の宗麟原は,天正6(1578)年島津氏大友氏が戦った古戦場

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐瀬原
からせばる

宮崎県中部臨海の川南(かわみなみ)町にあり、尾鈴山麓(おすずさんろく)に広がる洪積台地の一つ。地形的には隆起開析(かいせき)扇状地で、かつてこれを堆積(たいせき)した名貫(なぬき)川は台地に深い谷を形成している。台地面は畑作、畜産が盛んで、多くの農家は第二次世界大戦後に開拓入植した。戦前は軍の軍馬補充部用地であった。一般に農家の経営規模は大きく、散村形式の村落である。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の唐瀬原の言及

【川南[町]】より

…近世を通じて高鍋藩秋月氏の支配下にあった。中央部を平田川が東流し,北に唐瀬原,南に国光原の台地が広がる。第2次世界大戦中までは落下傘部隊降下練習場,飛行場など軍用地が多くを占め,戦後に大規模な入植開拓が行われた。…

※「唐瀬原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

唐瀬原の関連キーワード川南[町]川南(町)宮崎(県)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐瀬原の関連情報