川南豊作(読み)かわなみ とよさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「川南豊作」の解説

川南豊作 かわなみ-とよさく

1902-1968 昭和時代実業家,国家主義者
明治35年7月生まれ。昭和10年造船業の川南工業を設立し,軍部をバックに産業界に躍進戦後の36年税金,失業,戦争をなくする三無主義をとなえて池田内閣要人殺害のクーデター計画(三無事件)。首謀者として懲役2年の刑をうけた。昭和43年12月11日死去。66歳。富山県出身。富山県立水産講習所卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の川南豊作の言及

【三無事件】より

…初め国史会事件と呼ばれたが,グループの主張から三無事件と呼ばれるようになった。1961年12月12日までに,元川南工業社長川南豊作,元陸軍少将桜井徳太郎,元海軍中尉三上卓(五・一五事件の首謀者),元陸軍士官学校生徒小池一臣ら13人が逮捕され,つづいて4次まで検挙がおこなわれた。国史会グループは川南の主張する〈無戦争・無税・無失業〉の三無主義に共鳴し,現在の政府では共産革命を抑止することができないと,元同僚の自衛隊幹部にも呼びかけ,国会の開会する12月9日,国会の周辺を騒乱状態にして,閣僚や国会議員を暗殺する計画を立てた。…

※「川南豊作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android