コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川口枕河 かわぐち ちんか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川口枕河 かわぐち-ちんか

1829-1906 幕末-明治時代の漢詩人。
文政12年生まれ。はじめ医師を業とし,維新後は東京府の官吏となったが病気のため辞職。杉浦梅潭(ばいたん)の主宰した晩翠吟社(ばんすいぎんしゃ)同人。梅潭とともに大沼枕山にまなんだ。明治39年1月12日死去。78歳。下総(しもうさ)猿島郡(茨城県)出身。名は寛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

川口枕河の関連キーワードピウス8世ユゴーオズーフ児童雑誌ジーメンス坂東三津五郎ギリシャ独立戦争エンデ土岐貞範ブース

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android