コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川合鱗三 かわい りんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川合鱗三 かわい-りんぞう

1838-1900 幕末-明治時代の武士,官吏。
天保(てんぽう)9年生まれ。安芸(あき)広島藩士。山田十竹(じっちく)とともに執政辻維岳に同行して京都にいき,尊攘(そんじょう)運動にかかわる。帰藩後,神機隊の設立につくす。維新後,内務省につとめた。明治33年5月14日死去。63歳。通称ははじめ三十郎。号は静斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

川合鱗三の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android