コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎鑰之助 かわさき かぎのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川崎鑰之助 かわさき-かぎのすけ

?-? 戦国時代の剣術家。
越前(えちぜん)(福井県)の人。父に鞍馬(くらま)流を,ついで富田流の富田牛生(ぎゅうしょう)に槍術(そうじゅつ)を,富田勢源剣術をまなぶ。さらに比叡(ひえい)山の東軍僧正に師事して刀術の奥義を会得し(一説には妙義山にこもって開悟し),東軍流をひらいたという。天文(てんぶん)年間(1532-55)に活躍した。名は時盛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川崎鑰之助

生年:生没年不詳
戦国時代の兵法家。東軍流の開祖とされ,天文年間(1532~55)に活躍した。越前国(福井県)の人で,時盛,幸盛,清貞と称した。父時定は朝倉孝景に仕えた。中条流の富田勢源より剣術を学び,上州白雲山(妙義山)に籠って妙旨を得,東軍流を創始した(比叡山の東軍坊に学んだためとする説もある)。流儀を子孫にのみ授けたため,その妙に達する者が出ず,曾孫の宗勝(?~1671)に至って奥秘に到達したとされる。宗勝は武州忍の原の決闘がきっかけとなり忍藩主阿部忠秋に仕え,のち江戸で道場を開き,天下五大流儀のひとつに数えられた。赤穂浪士のうち大石内蔵助ら4人が同流の使い手とされる。<参考文献>森田栄『東軍流兵法史』

(加来耕三)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

川崎鑰之助の関連キーワード川崎次郎太夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android