コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田流 トダリュウ

3件 の用語解説(富田流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とだ‐りゅう〔‐リウ〕【富田流】

剣道の一派。越前朝倉氏の家臣、富田九郎左衛門長家を祖とする。
槍術(そうじゅつ)の一派。越前朝倉氏の家臣、富田牛生(とだごせい)を祖とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とだりゅう【富田流】

剣術の一派。祖は越前朝倉家の臣、中条流嫡伝四代目の富田九郎左衛門長家。
槍術の一派。祖は越前朝倉家の臣、富田牛生ごせい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富田流
とだりゅう

戦国時代におこった剣術の一流派。流祖は越前(えちぜん)朝倉家の臣、富田九郎左衛門長家(くろうざえもんながいえ)。長家は中条(ちゅうじょう)流平法(へいほう)の嫡伝を大橋勘解由左衛門高能(かげゆざえもんたかよし)から受け、子の治部左衛門景家(じぶざえもんかげいえ)に伝えた。景家に3子あり、長子郷家(さといえ)は早世、次子五郎左衛門盛玄(せいげん)(勢源入道)が継いだが、眼病(耳聾(じろう)ともいう)のため、三男治部左衛門景政(かげまさ)にこれをゆずった。景政は尾張(おわり)の前田利家(としいえ)に仕え、のち七尾(ななお)城代4000石に栄進し、1593年(文禄2)70歳で逝去した。
 景政に男子なく、女婿に門下の俊才山崎与六郎を迎えた。これがのちに名人越後(えちご)とよばれる越後守(えちごのかみ)重政(しげまさ)で、戦功を重ねて1万3000余石を領し、1625年(寛永2)72歳、金沢で没した。重政に3子あったが、長子重家(しげいえ)、三子宗高(むねたか)は早世し、次子重康(しげやす)が道統を継いだが中風にかかり、1643年42歳で死去したため、富田の本流は急速に衰えた。
 一方、勢源の門流は戸田(とだ)流を称して全国各地に広がった。関白豊臣秀次(とよとみひでつぐ)の師となった長谷川宗喜(むねよし)、徳川2代将軍秀忠(ひでただ)の御稽古(けいこ)の師となった桜井六右衛門、また景家の門人印牧(かねまき)重兵衛の家系から、伊藤一刀斎景久(いっとうさいかげひさ)の師となった鐘捲自斎通家(かねまきじさいみちいえ)らを輩出し、近世の剣術界に大きな影響力を与えた。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田流の関連キーワード朝倉氏朝倉始末記戸田流朝倉高景桂田長俊富田牛生富田九郎左衛門富田長繁昌庵〓(“りっしんべん”に「爻」)丰朝倉家記

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone