コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田勢源 とだ せいげん

2件 の用語解説(富田勢源の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田勢源 とだ-せいげん

?-? 戦国時代の剣術家。
富田景家の次男。兄郷家(さといえ)が早世したため,中条流(富田流)をつぐ。のち眼病のため弟の景政(かげまさ)に家督をゆずり隠退した。永禄(えいろく)3年(1560)美濃(みの)(岐阜県)で神道流の達人梅津某との試合にかってその名をあげたという。越前(えちぜん)(福井県)出身。通称は五郎左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富田勢源
とだせいげん

生没年不詳。戦国時代の剣術家。中条(ちゅうじょう)流の嫡伝、富田治部左衛門景家(かげいえ)の次子。通称五郎左衛門。越前(えちぜん)朝倉氏の本拠一乗谷(いちじょうだに)の浄教寺(じょうきょうじ)村に生まれ、少年時代から厳しい剣術の修行に励み、兄九郎左衛門郷家(さといえ)の早世により道統を継いだ。1560年(永禄3)の夏、美濃(みの)を周遊中、領主斎藤義龍(よしたつ)の要請を受け、常州鹿島(かしま)の神道(しんとう)流の達人梅津某と試合して、これに勝って剣名をあげた。しかし持病の眼疾が悪化して失明。弟の与五郎、後の治部左衛門景政(かげまさ)に家督および道統を譲って剃髪(ていはつ)し、勢源入道と号し、一乗谷に一草庵(そうあん)(その遺跡がいまの盛源寺という)を建てて隠棲(いんせい)したというが、1573年(天正1)朝倉氏滅亡後の消息は明らかではない。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富田勢源の関連キーワード方波見備前守鐘捲自斎富田一放富田景政富田九郎左衛門富田重康戸田清玄長谷川宗喜平山康吉前原筑前守

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone