コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川本半助(5代) かわもと はんすけ

2件 の用語解説(川本半助(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川本半助(5代) かわもと-はんすけ

?-? 江戸時代後期の陶工。
尾張(おわり)(愛知県)瀬戸の人。天保(てんぽう)年間(1830-44)にギヤマン石(珪石)を粉砕して原土にまぜ,光沢のうつくしい磁肌をだすのに成功。これに祥瑞風の文様をえがいた磁器を製作し,名古屋藩焼き物師となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川本半助(5代)

生年:生没年不詳
江戸後期の瀬戸の陶工。代々半助を名乗る。初代は宝暦年間(1751~64)に川本治兵衛と計って朝日窯,夕日窯というふたつの窯を興した。4代半助は陶器から磁器へと転じ,川本家は染付に長じた家業として定着した。5代半助は天性の妙工といわれ,天保年間(1830~44)にギヤマン石を粉砕して磁石に混ぜた結果,光沢の美しい磁肌が生まれ,染付も冴えわたった。その功績で尾張藩の御焼物師となり,毎年銀2枚を拝領することになった。作品の銘款には「半山」「山半」「真陶園」を用いている。文久4(1864)年に6代が襲名した。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川本半助(5代)の関連キーワード音戸ノ瀬戸石岡林兵衛加田半六加藤唐左衛門(初代)川本治兵衛(初代)川本半助(初代)川本半助(4代)長十天中友十

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone