コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川本半助(5代) かわもと はんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川本半助(5代) かわもと-はんすけ

?-? 江戸時代後期の陶工。
尾張(おわり)(愛知県)瀬戸の人。天保(てんぽう)年間(1830-44)にギヤマン石(珪石)を粉砕して原土にまぜ,光沢のうつくしい磁肌をだすのに成功。これに祥瑞風の文様をえがいた磁器を製作し,名古屋藩の焼き物師となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川本半助(5代)

生年:生没年不詳
江戸後期の瀬戸の陶工。代々半助を名乗る。初代は宝暦年間(1751~64)に川本治兵衛と計って朝日窯,夕日窯というふたつの窯を興した。4代半助は陶器から磁器へと転じ,川本家は染付に長じた家業として定着した。5代半助は天性の妙工といわれ,天保年間(1830~44)にギヤマン石を粉砕して磁石に混ぜた結果,光沢の美しい磁肌が生まれ,染付も冴えわたった。その功績で尾張藩の御焼物師となり,毎年銀2枚を拝領することになった。作品の銘款には「半山」「山半」「真陶園」を用いている。文久4(1864)年に6代が襲名した。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

川本半助(5代)の関連キーワード川本桝吉(初代)川本桝吉(2代)渡辺孝平(1)亀井半二生年

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android