コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪石 ケイセキ

大辞林 第三版の解説

けいせき【珪石】

陶磁器・ガラス・耐火材などの原料となるケイ質岩の総称。水晶・ペグマタイト・チャートなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珪石
けいせき
silica stone

工業用に利用されるほとんどシリカSiO2(二酸化ケイ素)からなる原料鉱石の総称。普通は石英の集合体であり、まれにクリストバル石などほかのシリカ鉱物を含む。ペグマタイト、石英脈、チャート、珪岩、石英砂岩、未固結の石英砂などを利用する。用途や産状あるいは見かけにより、炉材珪石、白(しろ)珪石、赤白(あかしろ)珪石、青白(あおしろ)珪石、珪砂、それらの風化した軟珪石、玉石(たまいし)など、いろいろな名前でよばれる。炉材珪石は耐火れんがの原料の総称で、ほとんどの珪石がそれに利用され、製鉄用コークス炉、ガラス溶融炉、平炉などに使われる。白珪石はペグマタイトに産する白色良質の珪石で、石英ガラス、光学用レンズ、メタリックシリコンに利用される。チャートに伴って産する赤白珪石および青白珪石は、赤色あるいは緑色のチャート角礫(かくれき)の間を白色の石英脈が埋めたもので、丹波(たんば)地方の丹波珪石がよく知られている。軟珪石は一般に不純物を多く含み、セメントや耐火モルタルの混和剤として用いられる。玉石は陶磁器原料をつくるボールミル(硬い球体を入れた容器を回転させて粉体をつくる装置)の粉砕用ボールとして利用される。また、珪石は耐火炉材やガラスなどの用途のほかに、陶磁器原料、鋳物砂、研磨剤、製錬用溶剤などに利用される。[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

珪石の関連キーワード二酸化ケイ素(データノート)鱗珪石(データノート)静岡県賀茂郡西伊豆町ビクトリアグリーン川本半助(5代)ペルボウラリスク賀茂(静岡県)雄勝(秋田県)トリディマイト擬板チタン石秋ノ宮温泉郷秋田県湯沢市栃木県鹿沼市若狭珪石鉱山高根第一ダムケイ酸石灰白浜(町)耐火れんが炭化ケイ素白鳥塚古墳

珪石の関連情報