川海苔(読み)カワノリ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐のり〔かは‐〕【川海苔】

カワノリ科の緑藻。山間の渓流の岩上に生え、緑色の葉状体で、柔らかい。干しのりにする。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわのり【川海苔】

緑藻類カワノリ目の淡水藻。緑色で形はアオサに似た葉状体。日本特産。太平洋岸河川の水温の低い渓流中の岩上に着生する。食用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かわ‐のり かは‥【川海苔】

〘名〙 緑藻類カワノリ科の淡水藻。葉状体はアオサに似て扁平で薄く柔らかい。山間の渓流中の岩石上に着生。食用。栃木県の帚(ほうき)川以南の太平洋に注ぐ川に限って分布し、日光の大谷(だいや)川(大谷川苔)、多摩川(多摩川苔)、富士川(富士苔)、四国の四万十(しまんと)川、吉野川、九州の菊池川(菊池苔)に産するものが有名。その他、芝川苔、桐生苔、青倉苔、桂川苔、都久井苔、瑞穂苔などがある。《季・秋》
※雍州府志(1684)六「菅藻(すかも)〈略〉川海苔之所出太和布留川安芸吉田川肥後水前寺斯外亦在処々

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android