川端香男里(読み)かわばた かおり

  • 川端香男里 かわばた-かおり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1933- 昭和後期-平成時代のロシア文学者。
昭和8年12月24日生まれ。川端康成娘婿若桑みどり。比較文学を専攻し,昭和56年東大教授となる。平成5年アーロン=グレービッチ「中世文化のカテゴリー」(共訳)で日本翻訳文化賞。6年中部大教授。のち川村学園女子大副学長。東京出身。東大卒。旧姓山本。著作に「薔薇(ばら)と十字架」「トルストイ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川端香男里の関連情報