コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若桑みどり わかくわ みどり

2件 の用語解説(若桑みどりの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若桑みどり わかくわ-みどり

1935-2007 昭和後期-平成時代の美術史家。
昭和10年11月10日生まれ。川端香男里(かおり)の妹。昭和37年ローマ大に留学。59年母校東京芸大の教授,63年千葉大教授,のち川村学園女子大教授。16,17世紀のイタリア美術を専門とし,美術における女性の位置もテーマに研究をおこなった。55年「寓意と象徴の女性像」でサントリー学芸賞,60年「薔薇(ばら)のイコノロジー」で芸術選奨。平成17年「クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国」で大仏次郎賞。平成19年10月3日死去。71歳。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

若桑みどり
わかくわみどり
(1935―2007)

美術史家。東京生まれ。英文学者の山本政喜(まさき)(1899―1960。筆名柾不二夫(まさきふじお))を父に、ロシア文学、比較文学者の川端香男里(かおり)(1933― )を兄にもつ。1960年(昭和35)東京芸術大学美術学部芸術学科卒業。1962年同大学院美術研究科芸術学専攻修士課程修了。1962~1964年、イタリア政府給費留学生としてローマ大学に留学、帰国後の1966年東京芸術大学音楽学部講師に着任し、その後同助教授、教授を歴任。千葉大学教養学部教授(1988~2001。その後名誉教授)を経て、2001年(平成13)に川村学園女子大学教授に着任した。また放送大学でもイメージ論の講義を受けもった。
 西洋美術史を専門とし、とくにイタリアのルネサンス期やバロック美術については造詣(ぞうけい)が深い。留学から帰国後、当時はまだ少なかった女性美術史家の草分けとして頭角を現し、狭い地域性や時代区分にとらわれない独自のマニエリスム研究やイコノロジー(図像学)研究で、美術史学界の枠を越えた注目を集めた。1986~1990年には、イタリアのシスティナ礼拝堂でミケランジェロ作の天井画の調査を実施した。
 また、主婦業と研究活動を両立した経験を踏まえて研究会「イメージ&ジェンダー」を組織するなど、フェミニズムやジェンダー論の論客としても知られ、女性問題や歴史教科書問題等について積極的に発言するなど、その関心や活動の幅はかならずしも美術史だけに収まらなかった。とはいえ、本人は自分の本分が表象研究にあることを強く意識しており、その研究の核心は「芸術に表された寓意(ぐうい)を読み取ることは、知的で煩雑な仕事ではなく、人類が自己の存在の核心で納得している、いくつかの原初的なイメージにたどりつくことを意味する」ということばのなかに集約されていた。
 著書では、編著『寓意と象徴の女性像』(1980)がサントリー学芸賞を、『薔薇(ばら)のイコノロジー』(1984)が芸術選奨文部大臣賞を受賞した。そのほかにも『マニエリスム芸術論』(1980)、『都市のイコノロジー』(1990)、『光彩の絵画』(1993)、『戦争が作る女性像』(1995)、『皇后の肖像』(2001)などの著書、アーノルド・ハウザーArnold Hauser(1892―1978)の『マニエリスム』Mannerism(1970。原著1964)、マリオ・プラーツ『官能の庭』Il giardino dei sensi(1992。原著1975)ほかの翻訳など、多くの優れた業績を残した。欧米の大学でも日本の女性像について講義し、1996年にはイタリア政府よりカバリエレ勲章を受章するなど、その仕事に対する評価は海外でも高かった。2003年、紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章。2007年、心不全のため死去。『聖母像の到来』(2008)が遺著となった。[暮沢剛巳]
『『都市のイコノロジー』(1990・青土社) ▽『光彩の絵画』(1993・哲学書房) ▽『皇后の肖像』(2001・筑摩書房) ▽『薔薇のイコノロジー』新版(2003・青土社) ▽『マニエリスム芸術論』『戦争が作る女性像』(以上ちくま学芸文庫) ▽若桑みどり責任編集『寓意と象徴の女性像』(1980・集英社) ▽アーノルド・ハウザー著、若桑みどり訳『マニエリスム――ルネサンスの危機と近代芸術の始源』上中下(1970・岩崎美術社) ▽マリオ・プラーツ著、若桑みどり他訳『官能の庭――マニエリスム・エンブレム・バロック』(1992・ありな書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

若桑みどりの関連キーワード東義国杵屋正次郎(6代)木下実熊田誠佐久間一柴田鋼造須田立雄野村純一渡辺信三勝又進

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

若桑みどりの関連情報