コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巣内式部 すのうち しきぶ

1件 の用語解説(巣内式部の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巣内式部 すのうち-しきぶ

1818-1872 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,歌人。
文政元年4月26日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)大洲(おおず)の人。常磐井厳戈(ときわい-いかしほこ)らに国学をまなび,京都にでて公家高松保実(やすさね)につかえる。戊辰(ぼしん)戦争に従軍。明治2年大村益次郎(ますじろう)暗殺にかかわった疑いで郷里に禁固され,明治5年10月5日死去。55歳。本姓は松井。名は信善。著作に「慷慨(こうがい)歌集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

巣内式部の関連キーワード秋沢貞之上田立夫帯屋治平川上鎮石塩川広平妹尾三郎平徳田寛豊平田延胤藤井九成増野徳民

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone