コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巣守/毈 スモリ

デジタル大辞泉の解説

す‐もり【巣守/×毈】

孵化(ふか)しないで巣の中に残っている卵。すもりご。
「―になりはじむるかりのこ、御覧ぜよとて奉れば」〈宇津保・藤原の君〉
あとに取り残されること。また、その人。るすばん。
「ただ一人島の―となり果てて」〈盛衰記・一〇〉
夫の不在の間、妻が留守を守っていること。
「二年といふもの―にして」〈浄・天の網島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

巣守/毈の関連キーワード古宇田 ふみ古宇田ふみ山路の露山本由之巣守り児網島

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android