コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工事負担金 こうじふたんきん user's share of construction costs

1件 の用語解説(工事負担金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工事負担金
こうじふたんきん
user's share of construction costs

電気,ガス,水道,電話,鉄道などの公益事業が,サービスの提供に必要な設備建設に際して,利用者から資金や資材の提供を受ける場合があるが,この提供された資金や資材の貨幣換算額をいう。企業で長期に保有され,かつ反復的に使用される固定資産の獲得のために提供されたのであるから,企業の利益とはならないとするのが会計学の通説である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工事負担金の関連キーワード公益事業ライフライン配管需要家公益事業学会ガス事業社団法人と財団法人公益事業会計公益事業料金公益事業令

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

工事負担金の関連情報