工事負担金(読み)こうじふたんきん(英語表記)user's share of construction costs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工事負担金
こうじふたんきん
user's share of construction costs

電気,ガス,水道,電話,鉄道などの公益事業が,サービスの提供に必要な設備建設に際して,利用者から資金や資材の提供を受ける場合があるが,この提供された資金や資材の貨幣換算額をいう。企業で長期に保有され,かつ反復的に使用される固定資産の獲得のために提供されたのであるから,企業の利益とはならないとするのが会計学の通説である。しかし一方では利益とする説もあり,また一種の引当金とする説も主張され必ずしも意見が一致しているわけではない。また税法では本質的には企業の利益とみなし,国庫補助金と同様に圧縮記帳の場合には課税しないという態度をとっている。この点で工事負担金を資本剰余金とする会計学の立場との間に論争がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

工事負担金の関連情報