工場財団(読み)こうじょうざいだん

大辞林 第三版の解説

こうじょうざいだん【工場財団】

工場抵当法(1905年制定)に基づき抵当権を設定するため、工場に属する土地・建物・機械・器具、産業財産権などを一括して構成する財産の集合。 → 財団

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の工場財団の言及

【工場抵当】より

…工場抵当法(1905公布)により認められた抵当制度で,狭義の工場抵当と工場財団抵当とがある。工場は,土地・建物などのほかに各種の機械器具等から成り立ち,これらが互いに有機的に結びつき一体的に工場経営の用に供されているのであるが,これを担保にして融資を受けようとする場合,民法の原則によれば,各土地・建物ごとあるいは各動産ごとを個別に抵当権あるいは質権の目的とすることを要することになる。…

※「工場財団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android