工場財団(読み)コウジョウザイダン

  • こうじょうざいだん コウヂャウ‥
  • こうじょうざいだん〔コウヂヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 工場の所有者が、抵当権の目的とするために、工場に属する土地、建物、工作物、機械、器具、その他の設備または権利の全部もしくは一部をもって組成した財団。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の工場財団の言及

【工場抵当】より

…工場抵当法(1905公布)により認められた抵当制度で,狭義の工場抵当と工場財団抵当とがある。工場は,土地・建物などのほかに各種の機械器具等から成り立ち,これらが互いに有機的に結びつき一体的に工場経営の用に供されているのであるが,これを担保にして融資を受けようとする場合,民法の原則によれば,各土地・建物ごとあるいは各動産ごとを個別に抵当権あるいは質権の目的とすることを要することになる。…

※「工場財団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android