コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工手間 クデマ

デジタル大辞泉の解説

く‐でま【工手間】

職人などが物を製作する手数。また、その工賃。
「銀にあかして―のかかりし物好きの大座敷」〈浮・色三味線・四〉
手間。手かず。
「八重といふ―に遅し梅の花」〈人・梅児誉美・後〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くでま【工手間】

職人などが物を作る手間。また、手間賃。 「 -がかかつちやあ、請負だと棟梁出奔かけおちだ/滑稽本・浮世床 2
手間のかかること。面倒。 「八重といふ-に遅し梅の花/人情本・梅児誉美

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android