コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

工船 こうせんfactory ship

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

工船
こうせん
factory ship

船内に漁獲物の加工製造設備を備えた船。カニ工船サケ・マス母船,ニシン工船,フィッシュミール工船などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐せん【工船】

水産加工設備をもつ船。漁獲物を船内で缶詰・魚油などに加工する。「(かに)工船

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうせん【工船】

漁獲物を船内で缶詰・魚油などに加工するための設備をもった船。 「蟹-」
工作船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

工船の関連キーワード蟹工船(母船式カニ漁業の母船)小林多喜二(1903~33)蟹工船(小林多喜二の小説)カニ(蟹)工船(漁業)カニ工船(蟹工船)日本水産[株]サケ・マス母船ウラジオストク蟹工船(文学)山田 巳之助平田 未喜三蟹工船ブームたかしたみか洋上買い付け西島 悌四郎倉田 地三佐野バビ市間宮 茂輔母船式漁業小林多喜二

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

工船の関連情報