コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川崎船 カワサキブネ

デジタル大辞泉の解説

かわさき‐ぶね〔かはさき‐〕【川崎船】

江戸時代から、北陸・東北地方で沖合漁業に使われた大型漁船。
東北・北海道地方で、小型の発動機付き漁船。蟹工船(かにこうせん)の付属にも使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわさきぶね【川崎船】

江戸時代から東北・北海道地方で、サケ・マス・タラなどの漁労・運送に使用された大型の和船。
蟹工船かにこうせんなどの母船に積み込まれ、漁場で漁獲・運搬などを行う小型の和船造りの漁船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の川崎船の言及

【サケ・マス母船】より

…この仲積船には,製品に缶詰が多かったときには貨物船を用いたが,今はほとんどが冷凍品になったので,冷凍魚倉をもつ冷凍運搬船を用いるようになった。母船には救命艇のほかに川崎船とよばれている10~15トンの作業艇を5~6隻積んでいる。これは漁場において仲積船との荷役や独航船の接玄の補助艇として使用されている。…

※「川崎船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

川崎船の関連キーワード蟹工船(母船式カニ漁業の母船)カニ(蟹)工船(漁業)カニ工船(蟹工船)母船式漁業沖合漁業東北地方江戸時代蟹工船漁労漁獲漁場和船母船

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android