コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

左中太常澄 さちゅうだ つねずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

左中太常澄 さちゅうだ-つねずみ

?-1181 平安時代後期の武士。
安房(あわ)(千葉県)の長狭常伴(ながさ-つねとも)の郎党。常伴が源頼朝に討たれたため,養和元年7月20日鶴岡(つるがおか)若宮の上棟式で頼朝を討とうとして下河辺行平(しもこうべ-ゆきひら)に捕らえられ,翌日殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android