コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長狭常伴 ながさ つねとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長狭常伴 ながさ-つねとも

?-1180 平安時代後期の武将。
安房(あわ)(千葉県)長狭郡の領主。安房進出をねらう相模(さがみ)(神奈川)の三浦氏に対抗し,平氏に接近する。治承(じしょう)4年石橋山の戦いに敗れて安房にのがれてきた源頼朝を討とうとしたが,同年9月3日頼朝配下の三浦義澄に討たれた。通称は六郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の長狭常伴の言及

【安房国】より

…当国の住人安西景益,丸信俊や上総国の平広常,下総国の千葉常胤らの支持を受けて再挙を図った。このとき長狭郡(鴨川市)の住人長狭常伴が頼朝の旅館の襲撃を企図して失敗している。頼朝は洲崎宮に祈願をこめ,300余騎を率いて安房より上総に入り,源氏再興の第一歩を踏み出した。…

※「長狭常伴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長狭常伴の関連キーワード源平の合戦以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光佐奈田義忠堤信遠波多野義常三浦義明

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone