若宮(読み)わかみや

精選版 日本国語大辞典「若宮」の解説

わか‐みや【若宮】

〘名〙
① 幼少の皇子。また、一般に皇族の子。
※大和(947‐957頃)一一「亭子院のわか宮につきたてまつりて」
将軍の子の僭称。
※建内記‐永享一一年(1439)二月五日「若宮自細川下野守〈御産所也〉宿所、今夜俄渡御左衛門督〈〉今出川亭
本宮祭神の分霊を奉したもの。たとえば、本宮の応神天皇に対し仁徳天皇をまつる石清水八幡宮の若宮の類。
朝野群載‐一二・宇佐使宣命書様(939頃)「宇佐八幡〈略〉此宮に御座す若宮若姫両所太神」
④ はげしく祟る無縁の霊を斎(いわ)い込めるため、大きな神格の支配下においてまつり始めたもの。にまつったりする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「若宮」の解説

若宮【わかみや】

激しく祟(たた)りやすい霊魂を偉大な神格の御子神(みこがみ)や眷属(けんぞく)神として祭ること。八幡神が応神天皇だから八幡若宮の祭神は皇子の仁徳天皇と解釈するような例もあるが,多くは非業の死をとげたり人柱になった人間の霊をまつって怒りをやわらげるとともに,強力な神の支配下に置いて祟りを封じこめようとした。御子神の信仰を広げたのは神の託宣が幼児や女性の口から伝えられるという巫女(みこ)の信仰で,巫女自身神の子と称して自分を権威づけたのであろう。全国に分布する若宮信仰の背後にも若宮部と称する託宣を行う集団の活動があった。→王子信仰

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「若宮」の解説

若宮
わかみや

福岡県北部,宮若市西部の旧町域。遠賀川支流である犬鳴川上・中流域を占める。 1943年町制。 1955年吉川村および笠松村の一部と合体。 2006年宮田町と合体して宮若市となる。三郡山地北東斜面にあり,山地,丘陵地が広がる。農林業が主産業で,野菜,タケノコブドウ,イチゴを産し,木材,竹材の取り引きも行なわれる。筑豊では珍しく炭鉱のない地域であったが,産炭地域振興事業により陶磁器,食品などの工場が進出。竹原に国の史跡である竹原古墳がある。脇田温泉力丸ダムなど南部太宰府県立自然公園に属する。

若宮
わかみや

本宮をほかの地に新しく請して祀った新宮,または本宮の祭神の御子神を祀った神社の。また非業の死をとげ,人々にたたりやすい御霊を祀り,その怒りをやわらげ,同時に強力な神の支配下においてたたりを封じ込めようとしたやしろをいうこともある。後者は巫女, (はふり) らによって広く伝播された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「若宮」の解説

わかみや【若宮】

本宮に対する新宮,親神に対する御子神をいう。八幡宮における若宮八幡(仁徳天皇),春日社の春日若宮(天押雲根命)などがその代表的な例である。若宮をまつるに至った経緯を各地に残る若宮社の縁起類からうかがうと,巫女の託宣によるものが多い。若宮の成立の背後には神をまつる巫女と母子神信仰との深いかかわりが存在していた。また巫女の託宣により示された若宮は非業の死をとげたために人々に災いをもたらし,たたるものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の若宮の言及

【若王子】より

…若一王子(にやくいちおうじ)ともいう。《長秋記》長承3年(1134)の記事で〈若宮(わかみや)〉とあるのが本来の呼称であろうが,平安末期の《梁塵秘抄》には〈若王子〉と見える。若王子は京都の白川の禅林寺の北に同じころ勧請され,〈白川熊野〉ともよばれたが,鎌倉・室町幕府からは所領を寄進され,京都郊外の花の名所でもあったし,全国の具足屋(甲冑の職人,商人)の信仰を集め,若王寺とも記された。…

【別宮】より

…その場合,別宮は神領とともに本社で管理された。(3)そのほかに今宮,若宮など,さらに神幸祭の頓宮,お旅所,また旧社地に奉斎してある社のことを別宮と称しているように,幾種にか分類される。【鎌田 純一】。…

※「若宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android