コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下河辺行平 しもこうべ ゆきひら

3件 の用語解説(下河辺行平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下河辺行平 しもこうべ-ゆきひら

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
下河辺政義の兄。下総(しもうさ)葛飾郡下河辺荘(茨城県)の荘司(しょうじ)。源頼朝(よりとも)の挙兵以来の家臣で,治承(じしょう)・寿永の乱,奥州攻めにしたがう。武芸にすぐれ,源頼家(よりいえ)の弓の師範もつとめた。建久6年(1195)源氏の一門に準じられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

下河辺行平

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉前期の武将。下総国下河辺荘(古河市ほか)の荘司。藤原秀郷の子孫。行義の子。治承4(1180)年,以仁王源頼政の挙兵を源頼朝に伝え,頼朝の挙兵に参加。その軍功で下河辺荘を安堵。以後有力御家人となった。頼朝の信任が厚く,養和1(1181)年,頼朝の寝所近辺祗候衆のひとりに選ばれ,鶴岡若宮上棟の際には頼朝の命を狙った男を捕らえ,その功により貢馬を免除された。平家追討・奥州合戦では,その武勇を示した。弓芸に秀で,流鏑馬・弓始・鹿狩りなどで何度も射手を勤め,のち頼家の弓の師範となった。建久6(1195)年,源家門葉に準ぜられたが,畠山重忠の乱(1205)以後の動向は不明である。

(澤野泉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しもこうべゆきひら【下河辺行平】

鎌倉初期の武士。生没年不詳。幕府御家人。藤原秀郷の末裔。八条院領下総国下河辺荘の荘司。初めは平氏に従っていたが,源頼朝の挙兵に参画し,石橋山の戦に敗れた頼朝が安房に逃れた際に,その陣中に加わった。以後,志太義広の乱,平氏追討,奥州平定に活躍。頼朝の信任厚く,その宿所の護衛や息頼家の弓術の師を務めた。源氏の門葉に準ぜられたというが,その後のことは明らかでない。【細川 涼一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の下河辺行平の言及

【下河辺氏】より

…行義は源頼政の郎等として活動し,頼政が以仁王を奉じて挙兵したときこれに従軍した。行義の子下河辺行平は頼政の挙兵を伊豆の源頼朝のもとに報じ,また頼政の敗死後は頼朝の挙兵を助けその陣に身を投じた。また行義が敗死した頼政の首を本領に持ち帰り,現古河市に頼政神社を創建したという伝説もある。…

※「下河辺行平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下河辺行平の関連キーワード公猷法印河辺源行家総国粟田口国頼一文字則宗河辺道綱倉栖兼雄下河辺拾水下河辺政義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone