左勝手(読み)ヒダリガッテ

精選版 日本国語大辞典の解説

ひだり‐がって【左勝手】

〘名〙
① 茶席で点前畳の左方に客畳のあるものをいう。江戸初期頃までは点前畳の右方に客畳があるものをいった。逆勝手。左がまえ。⇔右勝手。〔草人木(1626)〕
② 左膝を立て、右膝をついたすわり方。
※浄瑠璃・碁盤太平記(1710)「腰屈め左がってに坐したりけり」
③ 左手の方向。
浮世草子・諸道聴耳世間猿(1766)四「あの馬士めも酒くらふやら左(ヒダ)り勝手へ追をると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android