逆勝手(読み)ギャクガッテ

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐がって【逆勝手】

床の間で向かって右に本床、左に床脇棚があるもの。左勝手。⇔本勝手
茶の湯で、客が主人の左手に座るかたちの茶席。また、その場合の点前。道具の置き方や、点前の方法が一部逆になる。左勝手。さかがって。⇔本勝手
生け花で、客位が花に向かって左側にある花型。光線が左側から入る席で生けられる。左勝手(池坊では右勝手)。⇔本勝手

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぎゃくがって【逆勝手】

日本建築で,普通とは逆に床の間に向かって本床が左に,脇床が右にあること。茶道における点前座(てまえざ)の位置,あるいは華道における花型についてもいわれる。 文楽の舞台用語では,大道具屋体を組む場合,下手に門口があるのが一般的であるが,特定の演目に限り門口を上手に設けることをいう。代表的なものとして《仮名手本忠臣蔵》の九目〈山科閑居の段〉,《絵本太功記》の〈妙心寺の段〉,《加賀見山再岩藤》の〈又助住家の段〉,《生写朝顔話》の〈弓之助閑居の段〉などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぎゃくがって【逆勝手】

床の間で、床の間に向かって左方に床脇棚があるもの。左勝手。さかがって。
茶道で、亭主の座る点前畳の左の方に客が着座する場合をいう。左勝手。非勝手。さかがって。
生け花で、その流派の基本的な花型と逆向きの花型。さかがって。
▽⇔ 本勝手

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の逆勝手の言及

【炉】より

…8通りの形式がある。成立の順にいえば,隅炉,向切,台目切,出炉であり,これら順勝手すなわち客が点前者(亭主)の右側に位置するのに対し,左側に客がくる逆勝手もきわめてわずかであるが実在する。このような茶室が構想されるのは,茶室の立地条件(室外の展望など)によって,やむをえず逆勝手の炉を切るのであって,通常の形式(順勝手,本勝手)が可能であるにもかかわらず,逆勝手の炉を切ることは許されない。…

※「逆勝手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android