コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸道聴耳世間猿 しょどうききみみせけんざる

大辞林 第三版の解説

しょどうききみみせけんざる【諸道聴耳世間猿】

浮世草子。五巻。和訳太郎(上田秋成)作。1766年刊。さまざまな芸能や職業に従事する人の珍奇な性癖を皮肉な目で滑稽化して描いた作品。気質かたぎ物の系統を引く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょどうききみみせけんざる【諸道聴耳世間猿】

浮世草子。1766年(明和3)刊。5巻。上田秋成処女作であるが,和訳太郎の戯名で発表。気質物(かたぎもの)の形式をうけ,15話より成る。当時の京坂の各方面に対する作者の見聞を材料として,これを特殊な性格の人物に戯画化し,失敗しかつしぶとく生きる様を,皮肉な筆致で描破している。兵法家,神道者,道具目利,相撲取,信心者,能楽師,女武道,軽業口上師,芸妓祈禱師など諸芸諸道の徒を題材としたものが多いが,その書き方は在来の気質物とまったく異質で,〈のらもの〉的発想や荒唐世説(とりじめもなきよそごと)を生かしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

諸道聴耳世間猿の関連キーワード牙儈・牙婆・数間・仲臆病の神降し世間妾形気撥ね除ける尻食らへ浮世草子天狗俳諧黄金仏大口話甘口性癖

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android