コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸道聴耳世間猿 しょどうききみみせけんざる

2件 の用語解説(諸道聴耳世間猿の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しょどうききみみせけんざる【諸道聴耳世間猿】

浮世草子。五巻。和訳太郎(上田秋成)作。1766年刊。さまざまな芸能や職業に従事する人の珍奇な性癖を皮肉な目で滑稽化して描いた作品。気質かたぎ物の系統を引く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょどうききみみせけんざる【諸道聴耳世間猿】

浮世草子。1766年(明和3)刊。5巻。上田秋成の処女作であるが,和訳太郎の戯名で発表。気質物(かたぎもの)の形式をうけ,15話より成る。当時の京坂の各方面に対する作者の見聞を材料として,これを特殊な性格の人物に戯画化し,失敗しかつしぶとく生きる様を,皮肉な筆致で描破している。兵法家,神道者,道具目利,相撲取,信心者,能楽師,女武道,軽業口上師,芸妓,祈禱師など諸芸諸道の徒を題材としたものが多いが,その書き方は在来の気質物とまったく異質で,〈のらもの〉的発想や荒唐世説(とりじめもなきよそごと)を生かしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

諸道聴耳世間猿の関連キーワード傾城禁短気月尋堂西鶴織留西沢一風浮世本傾城歌三味線西鶴諸国ばなし根無草けいせい色三味線八文字屋瑞笑

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone