左馬寮(読み)サマリョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐まりょう ‥まレウ【左馬寮】

さ‐めりょう ‥メレウ【左馬寮】

〘名〙 令制における官司の一つ。右馬寮とともに、官馬の調教、飼育や、御料の馬具などのことをつかさどる。頭、助、大・少允、大・少属各一人、馬医二人、馬部六〇人などの職員があり、飼戸が五百余戸付属している。天応元年(七八一)ごろに左右馬寮をあわせて主馬寮(しゅめりょう)と称したが、大同三年(八〇八)に復活した。さまりょう。→馬寮(めりょう)。〔令義解(718)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android