コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨勢宿奈麻呂 こせの すくなまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

巨勢宿奈麻呂 こせの-すくなまろ

?-? 奈良時代の官吏。
少納言在任中の神亀(じんき)6年(729)長屋王の変がおきたとき,舎人(とねり)親王らとともに王のもとに派遣され,尋問にあたる。のち左少弁となった。「万葉集」に和歌1首がのせられている。名は少麻呂ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

巨勢宿奈麻呂

生年:生没年不詳
8世紀前半の官人。少麻呂とも書く。神亀5(728)年,正六位下から外従五位下に昇進。のち少納言に任じられ,天平1(729)年2月,長屋王の変に当たり舎人親王らと共に王の宅に糾問のために派遣された。その後昇進を重ね天平5年には従五位上。『万葉集』(巻6)によれば,天平9年2月ごろには左少弁であり,諸大夫らが宿奈麻呂宅で宴会したことが知られる。

(清田善樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こせのすくなまろ【巨勢宿奈麻呂】

奈良時代前期の貴族。生没年不詳。少麻呂とも表記。728年(神亀5)外従五位下。729年(天平1)長屋王の変に際して窮問使となる。時に少納言。733年(天平5)従五位下。《万葉集》巻六に,春2月諸大夫等左少弁巨勢宿奈麻呂の家に集いて宴する歌をのせ,巻八に,宿奈麻呂の〈わが屋前の冬木の上に降る雪を梅の花かとうち見つるかも〉を収録している。【梅村 喬】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

巨勢宿奈麻呂の関連キーワード奈良時代官吏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android