コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差別待遇 サベツタイグウ

世界大百科事典内の差別待遇の言及

【不当労働行為】より

… この不当労働行為制度は,アメリカの全国労働関係法(通称ワグナー法,1935)の影響を強くうけたものといわれる。同法は,ニューディール政策の一環として立法化され,使用者のなす,組合員に対する差別待遇,組合運営への支配介入,団交拒否等を不当労働行為unfair labor practiceとして禁止するとともに救済機関として全国労働関係局National Labor Relations Board(NLRB)を設置した。アメリカでは,1947年に労使関係法(通称タフト=ハートリー法)により,不当なストライキやボイコット等が〈労働組合の不当労働行為〉として禁止されるに至ったが,日本では,使用者の不当労働行為のみが禁止されている。…

※「差別待遇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

差別待遇の関連キーワード改正パートタイム労働法ジャコブ・A. リース石井=ランシング協定バス・ボイコット運動シュウービーヤ運動香港海員ストライキガット(GATT)カトリック解放法国際民間航空機関同一労働同一賃金関税貿易一般協定国際海運会議所ナイアガラ運動桜田 規矩三国際貿易機構国際労働条約バージニア州内国民待遇九か国条約労働騎士団

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android