差別待遇(読み)サベツタイグウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

使用者が労働条件に関して、特定の労働者を他の労働者と差別して取り扱う(不利益取扱い)こと。労働組合法では不当労働行為として禁止している。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 正当な理由なしに、他よりも低い待遇をすること。また、その待遇。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉八「甚しき差別待遇を改めさへすれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の差別待遇の言及

【不当労働行為】より

… この不当労働行為制度は,アメリカの全国労働関係法(通称ワグナー法,1935)の影響を強くうけたものといわれる。同法は,ニューディール政策の一環として立法化され,使用者のなす,組合員に対する差別待遇,組合運営への支配介入,団交拒否等を不当労働行為unfair labor practiceとして禁止するとともに救済機関として全国労働関係局National Labor Relations Board(NLRB)を設置した。アメリカでは,1947年に労使関係法(通称タフト=ハートリー法)により,不当なストライキやボイコット等が〈労働組合の不当労働行為〉として禁止されるに至ったが,日本では,使用者の不当労働行為のみが禁止されている。…

※「差別待遇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android