コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻向 まきむく

世界大百科事典 第2版の解説

まきむく【巻向】

纏向とも書く。奈良盆地の南東部,三輪山の北西部一帯を指す地名。現在の桜井市大字巻野内・穴師などを含む旧纏向村の地に当たる。《日本書紀》にはこの地に垂仁天皇纏向珠城宮(たまきのみや),景行天皇纏向日代宮(ひしろのみや)が営まれたとある。東部の巻向山,南西に流れて初瀬川に合流する巻向川(旧,穴師川)は万葉の時代から歌によく詠まれた所として知られる。この地域には古墳発生期の築造と思われる古墳群をはじめ注目すべき遺跡も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巻向の関連キーワード初瀬川(はせがわ)大和青垣国定公園渋谷向山古墳児等が手を珠城山古墳纒向古墳群子等が手を利し・鋭し山辺の道箸墓古墳纏向遺跡継ぎ・継纒向遺跡大和国家ヒノキ利し檜原斎槻かも

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巻向の関連情報