初瀬川(読み)はせがわ

  • はせがわ ‥がは
  • はつせがわ
  • はつせがわ〔がは〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良県北部の川。大和川上流。長さ 28km。大和高原南西部の貝ヶ平山付近にを発してほぼ南流,のち西流して桜井市の市街地付近で奈良盆地に入り,飛鳥川佐保川竜田川などを集めて大和川となる。上流部はV字谷をなすが中流部は天井川となり,沿岸の灌漑に利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

奈良県桜井市を流れる初瀬(はせ)川の古称。[歌枕]
「―古川の辺に二本(ふたもと)ある杉年を経てまたも逢ひ見む二本ある杉」〈古今・雑体〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

◇
初瀬はせ川の古名。歌枕
枕詞
流れが速いことから、「早く」にかかる。 -はやくみしよの古里に/南都百首

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

奈良県北東部、大和高原の南西部に発し、桜井市初瀬から扇状地をつくって北西流する川。佐保川・飛鳥川と合流して大和川となる。はつせがわ。泊瀬川。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の初瀬川の言及

【大和川】より

…奈良県北部,大和高原の貝ヶ平山(822m)付近に源を発し,奈良盆地,大阪平野を経て大阪湾に注ぐ川。奈良盆地上流部では初瀬(はせ)川と呼ばれ,佐保川飛鳥川竜田川など奈良盆地の諸河川を合わせたのち生駒・金剛山地を横断して大阪平野に出る。幹川流路延長68km,全流域面積1070km2。…

※「初瀬川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初瀬川の関連情報