コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻向山/纏向山 マキムクヤマ

デジタル大辞泉の解説

まきむく‐やま【巻向山/纏向山】

奈良県桜井市にある山。標高567メートル。南東長谷寺(はせでら)がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まきむくやま【巻向山】

奈良県桜井市の北部,三輪山の北東にある山。標高567m。〈纏向山〉とも書く。2峰からなり,《万葉集》に詠まれる弓月ヶ嶽(ゆつきがたけ)(由槻ヶ嶽)はこの一峰にあてられる。またこの付近の山を含めて巻向山とよぶ。西麓垂仁天皇の纏向珠城(たまき)宮,景行天皇の纏向日代(ひしろ)宮が置かれたと推定される地。付近には山辺(やまのべ)の道が通り,巻向山に発し南西流して初瀬(はせ)川に注ぐ巻向川とともに古来,歌に詠まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

巻向山/纏向山の関連キーワード奈良県桜井市児等が手を子等が手を纒向遺跡継ぎ・継長谷寺山辺穴師

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android