コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻向山/纏向山 マキムクヤマ

2件 の用語解説(巻向山/纏向山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まきむく‐やま【巻向山/纏向山】

奈良県桜井市にある山。標高567メートル。南東に長谷寺(はせでら)がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まきむくやま【巻向山】

奈良県桜井市の北部,三輪山の北東にある山。標高567m。〈纏向山〉とも書く。2峰からなり,《万葉集》に詠まれる弓月ヶ嶽(ゆつきがたけ)(由槻ヶ嶽)はこの一峰にあてられる。またこの付近の山を含めて巻向山とよぶ。西麓は垂仁天皇の纏向珠城(たまき)宮,景行天皇の纏向日代(ひしろ)宮が置かれたと推定される地。付近には山辺(やまのべ)の道が通り,巻向山に発し南西流して初瀬(はせ)川に注ぐ巻向川とともに古来,歌に詠まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

巻向山/纏向山の関連キーワード葵祭カフェイン中毒東海豪雨米軍低空飛行問題平田靭負ガラナ飲料勅勒の歌突厥纏向山・巻向山・纒向山重複立候補

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone