山辺の道(読み)やまのべのみち

日本大百科全書(ニッポニカ)「山辺の道」の解説

山辺の道
やまのべのみち

奈良県奈良盆地の東辺、大和(やまと)高原の西麓(いろく)をやや曲折しながら南北に通じる約35キロメートルの道。古代の上津(かみつ)道(近世の上街道)の東を走る日本最古の道の一つといわれ、沿道山辺上(やまのべのみちのまがりのおかのへ)陵(崇神(すじん)天皇陵)や山辺道上(やまのべのみちのへ)陵(景行(けいこう)天皇陵)などにその名が残る。奈良市から南へ天理市、桜井市を経て初瀬(はせ)街道に至るもので、沿道には北から円照寺、弘仁(こうにん)寺、和爾下(わにした)神社、石上(いそのかみ)神宮、永久寺跡、長岳寺や、崇神天皇陵景行天皇陵に指定される古墳、檜原(ひばら)神社、玄賓庵(げんぴんあん)、大神(おおみわ)神社などの古社寺のほか、巨大古墳の箸墓(はしばか)などもある。東海自然歩道と重なる部分が多く、とくに南部の石上神宮付近から三輪(みわ)までの山辺の道ハイキングコースは三輪山や大和三山を展望できるなど景観に優れる。一帯は大和青垣国定公園域。

[菊地一郎]

『朝日新聞社奈良支局編『山の辺の道』(1972・創元社)』『崎山祐宏著『山の辺の道 文学散歩』(1985・綜文館)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「山辺の道」の解説

やまのべ‐の‐みち【山辺の道】

奈良盆地の東縁を、奈良市から南へ桜井市初瀬はせに至る古道。沿道には石上いそのかみ神宮崇神天皇陵などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「山辺の道」の解説

やまのべのみち【山辺の道】

奈良県北部,奈良盆地の東辺を山すそに沿って桜井市の三輪から巻向(まきむく),天理市の石上(いそのかみ),布留を経て奈良まで多少曲折しながら南北に通じていたとみられる古道。《古事記》には崇神天皇陵は山辺の道の勾(まがり)の岡の上に,景行天皇陵は山辺の道の上にあると記されている。また《日本書紀》武烈天皇即位前紀にみえる歌謡には,石上~布留~高橋~大宅春日~小佐保~乃楽山(ならやま)という北上する道筋が詠みこまれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の山辺の道の言及

【道】より

…今日においては主要都市からしか進入できない自動車専用道路の出現をみるに至っている。【古島 敏雄】
【古代の道の特徴】
 自然の道の例として,大和のプレ横大路(よこおおじ),山辺の道,葛城(かつらぎ)古道があげられる。プレ横大路は,後でとり上げる横大路のやや北を走っていた道で,三輪山のふもとと二上山のふもとを結ぶ道である。…

※「山辺の道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android