コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市原定直 いちはら さだなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市原定直 いちはら-さだなお

1847-1909 明治時代の実業家。
弘化(こうか)4年生まれ。市原峴山(けんざん)の養子。土佐高知藩足軽として戊辰(ぼしん)戦争に従軍。明治6年板垣退助にしたがい官吏をやめ帰郷,養父とともに能茶山(のうさやま)焼を発展させた。また自由民権運動に参加,のち高知銀行頭取をつとめた。明治42年10月死去。63歳。通称は温三郎。号は烟山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市原定直の関連キーワード明治時代実業家弘化

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android